こんにちは。データサイエンティストの岩崎です。
今回は、社内システムエンジニアとして、顧客分析業務に長年携わってきた経験を活かし、データサイエンティストへのキャリアチェンジを行たメンバーを紹介します。

HYBRIDEでは、どのようなプロジェクトを行っているのですか?

HYBRIDE入社後は、住宅メーカー企業のデータ分析、フランチャイズチェーンの分析、製薬企業の分析などをしています。
一つの業界や一つの内容にとらわれることなく、いろいろな企業の多岐にわたる案件に携われることがとても楽しいと感じています。知らないスキルも身に付け続ける必要がありますが、それも全て自分のスキルアップになっていると体感できます。

社内システムエンジニアとしての分析業務との違いはありますか?

前職までは、教育関連企業にて、SPSSを利用した多変量解析を中心に業務を行い、DMの費用対効果を最大化させる為の分析案件を行ってきました。
それぞれ顧客の企業環境や分析内容は全く異なるのですが、自己成長は常にしていたいと思っているので、知らなかった業界の案件を行う際に、その業界特有のKPIやデータ分析の考え方を学べるという事が、とても面白いです。

転職活動を行うきっかけについて教えてください

転職の経緯としては、長年勤務していた会社が、社内業務の見直しでシステムの運用保守のみを行う会社へと切り替わることが決まりました。
私の強みは分析で、そのなかでも誰もが経験ができる内容ではないSPSSを利用した分析です。そのため、顧客分析のチームでのスキルを、このままの環境では生かすことが出来ないと思い、これをきっかけに大好きな分析に特化した企業で働こうと決心しました。

HYBRIDEを選んだ理由は何ですか?

転職活動を行って、最後にHYBRIDEと大手コンサルティングファームのどちらに行くか悩んだのですが、大手のファームよりも、より成長出来る風土、環境があると強く感じたので、最後はその直感を信じてHYBRIDEに入る決心をしました。

実際にHYBRIDEに入ってみると、メンバーは自立した人の集まりです。自ら率先して案件に取り組み、自身が保持しているスキルを常々共有する文化です。
仕事は自立して行っていますが、助け合える、いつでも意見交換ができる雰囲気であり、実際に活発に意見交換しています。

休日は、どんな過ごし方をしていますか?

休日にはリラックスすることを重要視し、平日のライフスタイルとは全く異なる事をするように心がけています。
自転車に乗って自然を感じたり、映画を鑑賞し、ただ美味しいものを食べる、親しい友人に会って楽しい時間を過ごす、などです。
私の自宅にはあえてTVは置いておらず、なるべく外出して多くの友人に会うように心がけています。

インタビューアー:データサイエンティストの岩崎

HYBRIDEコンサルタントとして働きませんか?

HYBRIDEコンサルタントでは、一緒に働くメンバーを募集しています。