こんにちは、データサイエンティストの岩崎です。
今回は、金融系システムエンジニアから、業務/ITコンサルタントになったメンバーを紹介します。業務改善を行うコンサルタントになることを目的としてしてHYBRIDEに入社し、様々な業界にてこれまでの経験を生かして実際に企業の業務効率化を進めているメンバーです。

現在関わっているプロジェクト/案件を教えてください。

現在、私は外資系生命保険会社に常駐し、業務/ITコンサルタントとして企業の業務改善を支援しています。
私が担っているプロジェクトの目標は、「決算業務の作業期間を1ヶ月短縮する」ことになります。具体的な仕事の内容としては、クライアントと共に目標を達成するために、業務のシステム化、作業プロセスの見直し、オペレーションの外部委託、業務の自動化など、いくつもの業務改善施策を実施していきます。
これまで金融系の業界にいたので、決算業務は手慣れているでしょうと思われがちなのですが、生命保険業界の業務は、他の金融系の業務とは異なります。経験したことがない生命保険という業界の業務を知ることができるというのは、とても貴重な経験ができていると思っています。

コンサルタントとしてどのようなところにやりがいを感じますか?

「やりがいのある仕事だな」と感じるのは、業務改善を実施した結果、クライアントに驚かれ喜んで頂ける事です。これまで手作業していたものを、業務を自動化することで作業のスピードを上げ、ミスをなくすような改善したときは、特に喜んでいただけました。
また、喜んで頂いた結果、「コンサルタントの〇〇さんに仕事をお願いしたい」と名前でご指名を頂き、継続して異なるプロジェクトを実施することになりました。コンサルタントとしてとてもやりがいを感じた瞬間ですね。
これからも、クライアントのために、邁進していきたいと思います。

システムエンジニアからコンサルタントになるきっかけはどんなことですか?

前職では、 主に開発業務、DB設計などのシステムエンジニアをしていました。エンジニアの経験を積んでいく中で、業務改善に関わるような機会がありました。そのときに、業務改善という仕事に非常に面白みを感じました。
しかしながら、当時私が所属していた企業は、システムエンジニアを多く抱える会社でしたので、業務改善の業務よりもシステム開発がメインであり多くのプロジェクトはエンジニアとしての仕事でした。そのときに、私の年齢的なものも含めて今後のキャリア形成の方向性を考えることになり、転職を考え始めました。
転職活動を行っている中で出会った、HYBRIDEのコンサルティングの内容は、「業務改善」「データ分析」「プロジェクト推進」を軸としており、まさに自分がチャレンジしたい方向性と一致していた為、入社を決意しました。

エンジニアからコンサルタントに転職するにあたって、とまどいはありませんでしたか?

コンサルタント未経験でも大丈夫だろうかという不安はありました。
しかしながら私のようなエンジニア出身でコンサルタント未経験者でも成長していける環境があり、研修を実施したり相談に乗って頂いたりと想像以上にサポートがあるなと感じました。実際に社外のエンジニアを対象としたスキルアップ研修なども実施しているため、未経験者を育てる土台となるものがあったのだと思います。
現在私は、コンサルタントとしての仕事をし、自分の希望する業務改善の案件に関われています。加えて、これまでに経験したことがない業界にチャレンジしたりと、自分の幅を広げることができてよかったなと思っています。

HYBRIDEのメンバーや社風についてどのように感じていますか?

風通しがとても良い社風だなと感じています。また、チャレンジする人を応援してくれる空気がある会社です。
入社前は、「中途入社なので、少し肩身が狭い思いをするのかな」と考えていたのですが、中途入社のメンバーも多く、溶け込みやすい環境で、とてもよかったです。

休日の過ごし方について教えてください

休日は、子供(3歳と0歳の男の子)と遊んでいる事が殆どです。
男の子なので、外で遊んだりするのが大好きで、よく外に出かけます。この前は、フィールドアスレチックに行きました。
つい数カ月前は、二人で初の映画館に行って映画を観てきました。日々、成長を感じます。
子供にとっての1日はとても濃厚なのだろうなと感じると共に、自分も1日1日を大切にして成長していかなくてはと刺激を受けています。

HYBRIDEコンサルタントとして働きませんか?

HYBRIDEコンサルタントでは、一緒に働くメンバーを募集しています。