こんにちは、業務/ITコンサルタントの栗山です。
今回は、金融系システムエンジニアの経験を活かし、現在はコンサルタントとして、外資系生命保険会社にて業務効率化やソフトウェア検証などの支援をしているメンバーを紹介します。エンジニアのスキルを背景に、現在は業務/ITコンサルタントやデータ分析ツールSASの研修講師として活躍中です。

現在の携わっているプロジェクト/案件について教えてください

私は、外資系生命保険会社様に向けた業務効率化、外注したソフトウェアの検証などのプロジェクトをご支援しています。
今回のプロジェクトには途中からかかわったのですが、私の様なエンジニアを背景とするシステム寄りのメンバーをプロジェクトメンバーとして入れることは初の試みでした。初めてのことなので、お客様のほうでも不安を感じられていたかもしれませんが、今ではしっかりと信頼を得られていると自負しています。私にとっては、これまでの仕事の中で一番達成感を感じています。

エンジニアからコンサルタントになり、これまでと仕事のやり方は変わりましたか?

仕事をする上での視点が大きく変わったなと思います。
以前のエンジニア職ではシステムを作る側の視点で仕事をしていましたが、現在はシステムを使い業務を遂行する立場の視点で仕事をしています。システムエンジニア時代は、決められた仕様に基づいてシステムを作っていましたが、コンサルタントは何が問題なのかを見つけるところから始まります。大きく視点が変わったため、簡単なことではありませんが、ほとんど毎日のように新しい発見があり、仕事が楽しいと感じています。
また、これまでの経験を生かして、FintechやSAS(分析ツール)についての社内研修講師などを実施しています。今後は社外に向けての研修講師も予定しています。
自分自身が興味のある分野で講師を行うことは、自身のスキルを見直すこともでき、とても刺激になっています。
※Fintec:金融業界におけるITの急速な改革・創造による新たな金融商品・サービスなどを指します
※SAS:データ分析ツール、統計解析なども可能

エンジニアからコンサルタントへ転職をするきっかけはどのようなものですか?

これまでとは仕事の視点が異なるので一概にいうことはできませんが、これまでエンジニアとして3社ほど経験してきたシステム会社では、いづれもエンドユーザーとの距離が遠いなと思っていました。その距離感の中で、決められた仕様に沿って物を作ることよりも、エンドユーザーに直接提案をしていきたいという思いが次第に強くなりキャリアチェンジする事にしました。

実際、入社後には、念願だったエンドユーザーに近いポジションにてプロジェクトに携わるようになりました。私が直接エンドユーザーと仕事を進めることがほとんどです。
以前までの環境に居続けては、実現することはほぼ不可能なことだったでしょう。しかし、転職を決意し、HYBRIDEに入社し、無事にエンドユーザーの近くで仕事ができていますので、とても楽しく働けています。

キャリアチェンジに合わせてキャリアアップも達成していますよね。その点についても教えてください

HYBRIDEに転職することで、金融系エンジニアからコンサルタントへキャリアチェンジすることができました。
加えて、私にはSASの経験もありましたので、HYBRIDEが得意とするデータ分析のスキルも伸ばしていければと思いました。そのため、SASの研修講師をやってみようと思い、これまで経験したことを体系的にまとめて資料作成、研修スキルやプレゼンテーションスキルを身につけました。結果として、キャリアアップにつながったと思います。

HYBRIDEの雰囲気やメンバーはどのように感じていますか?

私が思うHYBRIDEの魅力としては、雰囲気と風通しが良いと思います。
風通しの良さというのは、掲げている企業も多いものの実際の働き方として実現することはとても難しいことです。実際にその難しさを感じるような経験もしました。
そのため、私との相性がとてもよいだけかもしれませんが、HYBRIDEは本当に雰囲気と風通しが良いと感じています。どんな些細なことであっても、自分が発信したことはきちんと聞いてくれて、相談にも乗ってくれる。そういうところだと感じています。

最後に、どんな休日の過ごし方をしているのですか?

休日は、ジョギングをすることが多いです。
社会人になってからマラソンを始め、社会人ランニングサークルに所属しています。
年にいくつかの大きな大会にエントリーをし、大会に向けて休日や仕事終わりに練習しています。マラソンの良いところは、他人と比較せず、純粋に自分と向き合えることろです。東京マラソンに出場した際には、HYBRIDEメンバーに歩道から大きな声で声援をいただいたことももちろんマラソンの醍醐味ですね(笑)。
マラソンやジョギング以外では、家で好きなジャンルの音楽を聞いたり、好きなバンドのライブに行ったり、友人と飲みに行ったりすることが多いですね。

メンバーにインタビューを終えて

エンドユーザーに近い立場で仕事をしていく事で、コンサルタントの醍醐味を感じている。エンジニアとしてのスキルを背景にキャリアアップを実現し、楽しく仕事ができているというところが素敵だなと感じました。
HYBRIDEでは、システムに関わる立場の職種は、コンサルタントであろうが、システムエンジニアであろうが、「より提案型に、よりクライアントの近くで」という事を重要視すべきであると考えています。

HYBRIDEコンサルタントとして働きませんか?

HYBRIDEコンサルタントでは、一緒に働くメンバーを募集しています。