こんにちは。業務/ITコンサルタントの依田です。
今回は、事業会社での社内システムエンジニアの経験を活かし、業務/ITコンサルタントへの転身を決めたメンバーを紹介します。

どんな仕事しているのですか?

現在は、大手百貨店のプロジェクト管理支援、医療業界における副作用をチェックするクラウドサービスのシステム構築やマーケティング支援、製薬企業のMR訪問計画作成支援ツール構築などを行っています。

これまでのエンジニアのスキルを活かした仕事や環境は整っていますか?

コンサルタントとして業務効率化を進めていく上で、システム化を検討・実行することが少なくありません。そのため、これまでのエンジニアのスキルを生かしてコンサルティングを行うことが求められる仕事です。また、HYBRIDEが将来を見据える上で、IT技術力を重視しているところも、システムエンジニア出身の自分のスキルを活かせる環境であると感じています。
私自身30歳を過ぎてからは、事業会社の社内システム部門で、IT企画や管理などの業務スキルを高めていきました。一方で、プレイングマネージャーを意識しながら、サーバーのセットアップやプログラミングも継続して行ってきたことで、小規模な会社であれば一人で全社のシステム化を行うこともできるレベルに達することができるようになりました。HYBRIDEでは、実際に今まで私がやってきた経験も評価してもらえますし、経験をさらに積み上げていくようなプロジェクトを任されています。

システムエンジニアからコンサルタントに転向して困難な点はありましたか?

プロジェクトの進め方やドキュメント作成など、コンサルタントとして必要なスキルを着実に身に着ける事ができていることに対してやりがいを感じています。
入社当初は、ドキュメントの構成や内容の整理の仕方、スピード感など、まだまだ足りていないことが多いことに気づかされ、指摘を受けることもありました。
HYBRIDEに入社する以前は事業会社の情報システムやIT戦略部門にて、業務システムや全社情報共有基盤、ECサイト構築などの企画・設計・開発から運用保守と幅広く経験してきた中で、ドキュメント作成の機会もある程度あったので、もっと通用するかと思っていましたが、そうではありませんでした。
指摘を受け、コンサルティングを行う実力が高まっていくのを実感することができました。

プロジェクト以外で成長する機会はありますか?

メンバーは、各自担当の案件を受け持つことになるのですが、空き時間を利用して自ら企画する新しいソリューションやビジネスの開発にもチャレンジすることができます。現在私は、VBAによる業務改善を軸としたツール開発や教育など多方面へのビジネス展開に取り組んでいるところです!
このように取り込みにおいて結果を出していくことが大切なのですが、仮に結果が思わしくない場合でもプロセスに対して評価してくれる部分も成長できる環境としては魅力であると思います。

HYBRIDEを選んだきっかけや理由について教えてください

自分自身、転職の際にシステムだけでなく業務コンサルタントの経験を積みたいと考えていました。
転職サイトや転職エージェントなどを活用して転職先を検討していたのですが、興味をひくようなコンサルタント未経験者を募集している企業を見つけることができなかったところに、スカウトメールをきっかけにHYBRIDE(大洋システムテクノロジー)を知ることになりました。
HYBRIDEの採用ステップにおいて、コンサルタントの基礎スキルに必要な課題があり、それをクリアできたことで、今までの経験を活かしながらチャレンジができると確信し、入社を決意しました。

どんなところに、HYBRIDEの魅力を感じていますか?

プロジェクトを通してコンサルタントとして必要なスキルというものを学ぶことが多いところが魅力だと考えています。
実際に、要件定義やデータ分析など様々なテーマにおいて、専門分野に特化したメンバーから、直接の資料レビューや研修の機会があるため、着実にスキルアップできる部分がHYBRIDEの魅力であると断言できます。

休日は、どんな過ごし方をしていますか?

季節限定ですが、春と秋にテニスの試合(団体のリーグ戦)に出ています。
子供が卓球部に入ったことをキッカケに、子供と卓球場でラリーやゲームをしたりするのが、最近の楽しみです。

 

インタビューアー:業務/ITコンサルタントの依田

HYBRIDEコンサルタントとして働きませんか?

HYBRIDEコンサルタントでは、一緒に働くメンバーを募集しています。