こんにちは、データサイエンティストの岩崎です。今回は、製造業のエンジニアから、業務/ITコンサルタントに転向して活躍中のメンバーを紹介します。エンジニアとしてのスキルだけでなく大学時代の研究テーマを生かして、機械学習やAIの分野を率先して開拓中のメンバーです。

現在はどのようなプロジェクトを行っているのですか?

現在は、小売企業向けの発注予測システムの開発に携わっており、AWSによるシステム連携やPythonでの解析プログラムの開発などが主な内容になります。これだけを紹介すると、よくイメージされるようなコンサルティング業務とは異なるため、どうしてそんな案件をやるのか、と思われるかもしれません。
しかし、人工知能やIoTなどが最新のトレンドとして世の中に普及していくことが予測できるなかで、AWSやPythonで何が出来るのかを熟知していなければ、新規サービスの検討やお客様への提案などが最適化できません。
今回のプロジェクトを経験する事で、これらのスキル・知見を高めて今後の自分の強みにできるため、やりがいがある仕事だと感じています。

これまでコンサルタントとしてどのようなプロジェクトを行ってきましたか?

コンサルタントになって初めてのプロジェクトでは、先輩コンサルタントからのサポートを受けながら、製薬企業での調査業務のプロジェクトマネジメントを行いました。その後、製造業を対象とした技術の形式知化および業務効率化プロジェクトや金融機関を対象とした新規事業企画検討プロジェクトに携わってきました。
どのプロジェクトも未経験の業界あるいは業務であったので、自分の知識と経験の幅を広げられたと考えています。
製造業および金融機関のプロジェクトでは、クライアント自身が実現したいことをぼんやりとしかイメージ出来ていないことが多くありました。そのため、クライアントの意図や内容を汲みとり整理したり、別の視点からアイディアを提案したりしながら、クライアントの求める解を具現化してきます。イメージを具体化する作業であるためとても困難ではあるものの、上手くいったときは大きな喜びが得られます。

コンサルタントに加えて、最新の技術を使った社内/社外講師もしていますね

コンサルタントとしての業務を行うことと並行して、機械学習を用いた小売業の売上予測シミュレーションや機械学習の社内研修講師、IoTの社外研修などを行っています。
仕事を通じて自分が伸ばしたいと考えているスキルやキャリアを伸ばせる環境があるため、意欲を持って仕事に取り組めるのだと思います。

エンジニアからコンサルタントに転向する中で、どうしてHYBRIDEを選んだのですか?

私がHYBRIDEを選んだ一番の理由は業務内容です。
もともと私は転職先として、未経験でも幅広い業界のコンサルティング業務に携わるチャンスがある企業を探していました。そんな中でHYBRIDEのコンサルタント未経験者募集の求人を知り、実際に面接で話を聞くと、自分がイメージしている内容にとても近く、ここでなら色々なことに挑戦できると思い、入社を決意しました。
そして実際に入社してからこれまでに、製薬、製造、金融、情報通信、などの業界に関わる業務を経験できています。

入社前に想定していた業務とのギャップはありませんでしたか?

面接の際に説明があった業務内容と入社後の実態とのギャップがほとんど無く、HYBRIDEを選んたことは間違いではなかった、と感じています。
また、入社してから感じた魅力としては、人に恵まれているなということです。
様々な経歴の方がいるため、何か困ったことがあってもすぐに誰かに相談できる環境があります。変にプライドが高かったり偉そうな人などもおらず、また、職業柄なのか正直でおせっかいな方が多いためか、先輩後輩や年齢など関係なく、自然に協力し合える関係ができているように感じます。
任される業務は当然簡単なものではなく、また、多くの人がプロジェクト内容も場所も異なることが多いため、孤独な環境で個人プレーばかりになってしまいそうですが、そうではありません。仲間として案件を越えて助け合うことができるというのは、HYBRIDEの大きな魅力であり、強みでもあると思います。

休日は、どんな過ごし方(趣味とか含め)をしていますか?

音楽を聴くことが好きで、ライブやフェスに行くことが多いです。
また、運動やスポーツも好きなので、ジムで体を動かしたり、冬はスノーボードをしたりします。
スノーボードは特に好きで、1シーズンに20回以上行くこともあります。
それ以外では、読書やカラオケ、友人と飲みに行くなどです。

HYBRIDEコンサルタントとして働きませんか?

HYBRIDEコンサルタントでは、一緒に働くメンバーを募集しています。