RPA業務自動化による業務の効率化を支援します

RPA業務自動化ツール作成支援サービスは、下記のような企業様へ多く支援を実施しております。

  • 細々とした単純定型業務の種類が多く、付加価値の高い仕事に集中できない
  • 複数のシステムやアプリケーションをまたがるデータ加工、資料作成などに時間がかかる
  • 人手が足りないが採用できず、既存社員の忙しさが増すばかりで、業務改善する時間すらとれない

※上記に当てはまらない場合にも、ご相談ください。

「働き方改革」を実現するためには、生産性の向上は必須です。
しかしながら、多くの企業様において、企業全体として、業務のボリュームが大きくないような業務領域は、まだまだシステム化、自動化されておらず、付加価値の低い業務であるにも関わらす、社員が作業をするしかない状態のものが散見されます。

HYBRIDEでは、RPA(Robotic Process Automation)の技術を活用し、各業務の自動化を図り、生産性を飛躍的に向上させます。

※RPAとは、機械学習や人工知能などを使用して業務の効率化・自動化を行うシステムです。これまで難しかった、ホワイトカラー層の行う複雑な業務を自動化できるため、現在注目を浴びているソリューションです。

RPA(Robotic Process Automation 業務自動化ツール作成支援)の特徴

RPAにはいくつかの特徴があり、その中には特出すべき業務を自動化ツール作成する際の主な特徴もあります。

複数のシステムやアプリケーションをまたぐ業務の処理を自動化

これまでの自動化では、主に1つのアプリケーション内での自動化やデータなどを一度システムに移した上でのシステム化などが多く、複数のシステムやアプリケーションをまたぐ業務に人手が必要でした。
最新の技術であるRPAを導入することで、複数のシステムやアプリケーションをまたがる処理も自動化できます。

たとえば、エクセル、パワーポイント、グループウェア、ERP、Webメール、各種サイト、ファイルサーバなどのアプリケーションをまたいで発生する広範囲の業務を対象にする事が可能です。
ゆえに、複雑な業務プロセスの作業であっても、自動化が可能になります。

ツール作成にコーディングなどのシステム開発が不要

RPAを導入する際には、業務プロセスの流れ、参照情報を整理した上で、コンサルタントが業務内容を記録させ、自動化します。コーディングなどのシステム開発が不要なので、いったん業務改善した後に、業務が変更になるケースも対応する事が簡易です。

RPA導入のアプローチ

RPA(Robotic Process Automation 業務自動化ツール作成支援)のアプローチは、下記の通りです。

Phase1:RPAによる業務効率化についての改善効果を試算

まず、対象部署についての「現状業務内容を把握」を実施します。次に、その業務内容毎に「ロボット化(自動化)可否判断」を実施します。その上で、改善効果を算出し、ロボット化(自動化)に関する費用概算も算出します。
課題の原因を把握した上で、改善施策を立案するとともに、改善効果を算出します。

Phase2:RPAを実際に開発し、導入する

Phase2としては、ロボット化(自動化)対象業務詳細把握したうえで、ロボット化(自動化)要件定義開発・導入を実施します。
導入準備としては、新業務フローであったり、運用ルール、トレーニング資料作成などを実施します。

RPA導入による改善効果例

RPA(Robotic Process Automation 業務自動化ツール作成支援)の改善効果について業種別に紹介します。

業界 改善効果
製薬 ・月次レポート作成業務の自動化(効率化)
<営業企画のスタッフの年間75日分の効率化>
金融 ・事務作業の自動化(効率化)
<事務の5000時間分の効率化>
旅行業 ・支店毎の営業実績週次管理レポート作成業務の自動化(効率化)
<営業企画のスタッフの年間100日分の効率化>